北陸銀行住宅ローン審査通過のコツ

北陸銀行住宅ローン審査通過のコツ

北陸銀行の住宅ローン審査通過のコツを、北陸銀行の住宅ローンの特徴を確認しながら説明します。

 

住宅ローンを組むに当たって重要なのは、他のローンサービスで滞納やトラブルがなかったかという点です。
ローンとはつまり金融機関からお金を借りることです。
貸したものはきちんと返してもらわなければなりません。
ですので、その人がきちんと返してくれそうな人か? 返済する資力はありか? という二点をとても重要視します。
逆に言うと、この二点をクリアしていれば、後は書類に不備がなければわりと簡単に審査は通過します。
この点はほくぎんに関わらずどこの銀行でも同じです。
ですので、よく覚えておいていただきたいと思います。

 

また、これも全ての金融機関に言えることですが。
住宅ローンのような大金の貸しつけは、その銀行とおつき合いがあると比較的有利かと思います。
もちろん、新規のお客さんでも返済能力と信用力があればローンを組むことは可能です。
ですが、前から公共料金の引き落としや給与振り込みなどでお世話になっていると、銀行側は口座の取引履歴からその人がどんな人か判断しやすくなりますね。
基本的に必要書類で審査を行いますのでこれは間接的な資料でしかありません。
ですが、銀行側は審査によって「その人を信頼できるかどうか」を判断するわけですから、口座の取引履歴も間接的な資料となり得るわけです。
これも全ての金融機関に言えることです。
ですから、ほくぎんの住宅ローンの審査の際も通用しますので頭に入れておいてください。
余談ですが、ローンを組む際に前々から色々なサービスでおつき合いがあると、ローンの金利を引き下げてくれる金融機関が多いです。
ほくぎんもおつき合いにより金利の引き下げをしてくれるようなので良いことずくめですよ。

 

北陸銀行に関しては、上記の二点に関して、収入を重要視しているようです。
北陸銀行の家に関するローンの特徴は勤続年数の条件がないこと。
この点は申し込みにおいて非常に大きな意味を持ちます。
つまり、勤続年数で申し込み者を信用できるかどうか判断するのではなく、家族と申込者の収入で判断するということ。
こういった条件の場合、勤続年数は間接的な資料でしかありません。
確かに一年務めている人よりも二年勤続している人の方が信用力や返済能力は高いと一般的には判断しますが、勤続年数が長くてもローンの返済をするには給与が低いと判断されると審査は通らないということです。
申し込み者と家族の収入が一番の判断材料になるということです。

 

スポンサードリンク