常陽銀行住宅ローン審査通過のコツ

常陽銀行住宅ローン審査通過のコツ

住宅ローンの審査では、年収と返済比率、勤務形態、勤続年数、年齢、個人信用情報、健康状態、不動産の担保評価額などの項目が重要ポイントとなります。健康状態については、団体信用生命保険に加入するために必要な項目です。常陽銀行では、全期間固定型のフラット35と、通常の金利タイプ(変動金利、固定10年など)の常銀住宅ローンがありますが、フラット35では団信への加入が任意となっているので、健康状態に問題がある人はフラット35を選択することでマイホームの夢を諦めなくてもすみます。

 

一般にカードローンなどでは、一時的な高収入がある人よりも、将来にわたって安定した収入がある人が有利になりますが、最長35年もの長い期間、高額な資金を借入する住宅ローンの審査ではその傾向がさらに顕著になっています。そのためメガバンクや都市銀行ではまだまだ正社員でないと話にならないというケースも多いですが、常陽銀行では自営業や非正規雇用者にも対応しています。ホームページ上に、「幅広い年収・ご職業の方にご利用いただいています」と明記されているので、年収や勤務形態に関してはかなり柔軟に対応してもらえることが伺えます。また、配偶者の収入を合算する「収入合算」という方法をとることで、借入できる限度額を上げることができます。

 

以上のように、常銀の住宅ローンでは、地方銀行なだけあってかなり柔軟な審査をしてもらえるようです。しかし、審査に通過することが最終目的ではなく、最後まで無理なく返済できるということが重要なことを考えると、できるだけ良い条件になるように努力をするべきです。

 

一般に金融機関はリスクの少ない優良顧客には良い条件でお金を貸してくれます。年収や勤務形態については簡単には変えることはできませんが、返済比率や頭金の金額については努力でなんとかなります。特に頭金については重要で、頭金を1割以上用意できる人には優遇金利を適用してくれる銀行も存在します。また、頭金を多めに用意することで、返済の負担を減らしたり、ローン破綻のリスクを減らすことにもつながります。自営業などの不安定な職業の人は特に頭金を多めに用意しておくべきでしょう。

 

自動車ローンやカードローン、消費者金融からの借入などがある人は、それらを完済してから申込みをすることが望ましいです。返済比率に余裕があるならば他に借金があっても大丈夫ですが、返済比率がギリギリだという人は、なるべく借金を減らしておきましょう。返済比率の基準は、フラット35の「年収400万未満で35%以下、年収400万以上で30%以下」という基準が参考になるでしょう。

 

スポンサードリンク