福井銀行住宅ローン審査通過のコツ

福井銀行住宅ローン審査通過のコツ

福井銀行は福井県福井市に本店を置き、福井県内全般をはじめ、石川、富山、東京、大阪、滋賀、名古屋に各支店をおく地方銀行です。

 

住宅ローンの取扱いについては、特徴的であり、まず借入れ限度額が1億円という大型ローンが可能なこと、

 

そして一般的な住宅ローンでは、住宅購入のみの用途限定で融資を受けることが可能なことにたいし、

 

福井銀行では増改築資金や借り換え資金、諸費用などにも対応していること、固定金利が低め、変動金利が高めという一般的な住宅ローンとは真逆な金利設定などがあります。

 

そのため、高額融資や住宅購入以外の用途での融資が必要な方、固定金利を選択されたい方には非常におすすめのローンと言えるでしょう。

 

一般的に地方銀行は大手銀行やネットバンクと異なり、固定金利選択手数料や繰り上げ返済手数料など、諸々の手続の際には手数料が必要となり、福井銀行も例外ではありません。

 

そのため返済期間中は極力繰り上げ返済などをこまめに行わないことがポイントといえるでしょう。

 

利用条件としては、借入時の年齢が満20歳以上、70歳以下の方で、最終返済時の年齢が満76歳未満であること、

 

指定する団体信用生命保険の加入、福井信用保証サービス株式会社の保証を受けられることがあり、この3点を満たしていなければ融資を受けることができません。

 

そして、無事条件をクリアしていても、福井銀行の審査は厳格に行われているため、他の銀行に比べてシビアと言えます。

 

審査を通過させるポイントとしては、まずローンの年間返済額を年収のバランスが良い事であり、返済負担率が40%を超えてしまえばまず審査は通らないといえます。

 

年間返済額のおおよその目安は25%程度が良いといえ、負担額を押さえるには頭金などを用意して、借入額を抑える必要があります。

 

つぎに、勤務先の勤続年数や雇用形態がしっかりしていることが必要であり、勤続3年に満たない場合や、契約社員などは非常に不利な状況といえます。

 

そして、雇用先の安定性も非常に重視され、会社の資本金が高ければ非常に有利な条件となります。

 

そのため、転職や独立を考えている方は、少しでも有利な条件であるうちに、住宅ローンを組んでしまうのが得策といえます。

 

さらに、福井銀行では固定金利に有利な住宅ローンのため、長期の返済期間をされる方にとってはメリットがあるローンといえます。

 

そのため、完済時年齢が若ければそれだけリスクも少なくなるため、申込時の年齢が若ければそれだけ有利となります。

 

 

スポンサードリンク