イオン銀行住宅ローン審査通過のコツ

イオン銀行の住宅ローンは、口コミなどでは比較的借りやすいローンだと言われています。しかし、審査に通過するか不安な状況にある場合は、申し込み前に審査に通過するためのコツを踏まえておき、出来る範囲で条件を整えておきましょう。審査に関する細かい条件は各銀行によって多少の違いはありますが、審査についての大きな項目はどの銀行も必ず行います。

 

審査は申し込みをした人に返済能力があるか確認するための手段です。ですから、勤務先や年収、勤続年数だけでなく、今まで借り入れをした状況についても調べられます。

 

正社員であり公務員など安定した所に勤めているとポイントは高くなりますが、意外と勤続年数も大切で、例えば正社員で2年勤務した人よりも契約社員などで10年勤めた人の方が高いポイントがつくケースもあり、雇用形態よりも年数の高い方が重視されることもあります。ただしキャリアアップなど、転職の経緯によっては勤続年数が影響しないこともあるので、勤続年数が短くて不安な時には住宅ローン借り入れの際にイオン銀行に確認してみましょう。ちなみにイオン銀行では基本的に6ヶ月以上の勤続、または個人事業主は事業を始めてから3年以上経過していれば申し込みができます。

 

また、現在クレジットカードをたくさん持っている場合は審査に通らない、あるいは通過しても希望の借り入れ額を下回る金額しか借りられないことがあります。クレジットカードには利用限度額が設定されていますが、これを既に借り入れしている分と同等にみなされるためです。そのため、審査に通過してなるべく多く借り入れしたいと考えている時は、使わないクレジットカードは解約しておきます。また、カードローンの借り入れがある場合もなるべく完済しておきます。

 

きちんとローンの返済が続けられる健康状態であることも、審査を通過するための重要なポイントです。借り入れ条件には団体信用生命保険の加入が条件になっています。これは申込者が亡くなってしまった場合に利用されるもので、この保険の審査に通らないと住宅ローンの審査に通ることは難しくなります。申し込み前には健康チェックをして、健康状態に問題がないか確認しておくと安心です。

 

イオン銀行では住宅ローンに関しての無料相談会を実施していて、イオンモールの店舗や電話での相談を受付しています。借り入れの際の不安な点や毎月の住宅ローン返済についてのシミュレーションもしてくれるので、計画的に利用できます。保証料もかからず、繰り上げ返済時の手数料も無料となっているので、余計な費用を抑えて借り入れができます。

 

スポンサードリンク