シティバンク銀行住宅ローン審査通過のコツ

シティバンク銀行が提供している住宅ローンには、幾つかの種類があります。シティバンク銀行のローンでは、種類別で審査基準が異なるため、それぞれのローンの特徴も理解しておく事が求められます。

 

シティバンク銀行は外資系の金融機関ですが、国内で正式にライセンスを取得し運営されている金融機関である為、国内での基準が適用されます。

 

具体的な住宅ローンのプランは、適用される金利により区別する事ができ、それぞれのプランに応じて利率が異なるという特徴が見られます。融資条件が良い低金利のプランを適用してもらう為には、厳しい審査基準を満たす事に加え、数千万単位での借り入れを行っている事が条件となっており、シティバンク銀行での預金残高が一千万円以上と、五千万円以上で適用されるプランに違いが出てくることになるのです。そのため、この条件を満たす口座残高が維持できている状態であれば、優れた条件で融資を受ける事も可能になります。

 

スポンサードリンク


 

また、基本的な審査項目として挙げられる点には、金融機関の担保評価額にも見られます。これは返済が滞った際に物件を売却する事が必要になってくるためで、物件の売却で融資した金額が全て回収できるかどうかが重要です。そのため、物件の価値が評価され、十分に採算が取れると判断された場合には、融資が提供される事になります。

 

そして、一般的な金融機関からの融資と同様に、シティバンク銀行でも年齢が審査項目の重要な要素の一つとなります。特に有利な条件となる要素が借入時の年齢で、この借入れ時の年齢と完済時の年齢のタイミングが取れていることで、審査に通過する事が出来るようになるのです。借入れ時の年齢として有利な条件は、三十歳となる事が多く、完済時の年齢は七十歳程度が望ましいものとされます。返済計画を立てる中で完済時の年齢が八十歳を超えてくると、融資が提供されなくなる事もある為、注意が必要です。また、定年後の返済期間が長いことで、返済に不具合が出るケースも見られる為、理想的な返済計画を練る事がローンの審査に通過する上では大事です。

 

加えて、住宅ローンの審査で重要な要素が、それぞれの年収に占める返済の負担です。これは住宅ローンの返済額を年収で割ることで算出できる値であり、この負担率を一定の数値に抑える事が審査に通過する秘訣とされます。具体的には、三十パーセント程度に負担率を抑えられる状態であれば、そのほかの審査条件なども加味された上で、住宅ローンでの融資を受けられる可能性が非常に高くなるのです。

 

スポンサードリンク