セブン銀行住宅ローン審査通過して住宅購入

コンビニ銀行大手のセブン銀行では、自社の住宅ローンの提供は無いものの、

 

関東では三井住友銀行、ソニー銀行、埼玉りそな銀行、そして千葉銀行といったあらゆる提携銀行が提供する住宅ローンを数多く取り扱っています。しかも、ただローン商品の販売窓口として住宅ローンを取り扱っているだけではなく、セブン銀行ではこれからローンを契約しようと考える利用者の方の意向に沿った返済シミュレーションを行ったり、気になる毎月の返済額や諸手続きに関する費用、長期間にわたるローンの総返済額などを分かりやすくイメージできるような相談窓口を開いています。

 

セブン銀行社員自らが、お客さんの立場に立った分かりやすいシミュレーションを手がけてくれるので、安心してローンの相談ができるのが特徴です。さらに、通常銀行でのローン申込みは平日しか利用できないところが多いのに対して、セブン銀行では平日はもちろん、お仕事がお休みでお出かけしやすい土日・祝日にも窓口を開いています。契約者だけでなく、家族揃ってローンの相談ができるのも、大きな魅力のひとつとなっています。

 

それでは実際の利用の流れですが、まず、これから新たに住宅購入を考える利用者の方からは、予算や月々の返済額の希望などをヒアリングします。さらに、すでに購入予定の物件が決まっている利用者の方からは、その販売価格や支払い形態などを合わせてヒアリングし、それぞれ無理なく完済できるようなイメージを起こします。

 

予算に応じた借り入れ額の決定、それに順ずる返済額のシミュレーションを経て、申込みの際には審査も行われます。あらかじめ相談段階での銀行社員とのやり取りで、収入に応じた無理の無いローンシミュレーションが組んでおくことが、審査通過のコツとなっており、相談の際には他社からの借り入れを清算したり、細々した融資によって多重債務にならないように完済しておくことも大切なポイントです。

 

さらに、これまでの住宅ローンの借換えを希望する利用者も、こちらの銀行での申込みが可能です。その場合には、現在契約中の住宅ローンの返済額と返済状況を明示すれば、借換えでどのぐらいお得になるのかが一目瞭然です。その場合には、収入などが大幅に変わっていなければ一度他社で通った審査と同様の手順を踏むことになるので、より審査に通りやすいと考えて、気軽に相談することができます。実際のローン提供銀行への仮申し込みまでの手続きができるので、ローン契約への第一歩として便利に使えるのがセブン銀行の相談窓口です。

 

スポンサードリンク