商工組合中央金庫住宅ローン審査通過のコツ

新築を購入するときには、大抵の場合は住宅ローンを利用することになります。
住宅ローンには、他のクレジットやカードローンと同じように審査があり、審査基準もそれぞれ金融機関によって異なっています。
ただ、商工組合中央金庫も含めて、ある程度の審査基準は決まっているので、申し込む前にその基準を満たしておくと通る可能性も高くなります。

 

商工組合中央金庫の住宅ローンを利用するときには、申し込んだ人が本当に信頼できる人物かを審査します。
この審査を通過しないと、ローンの利用は出来ません。

 

審査の基準では、個人の情報が一定の基準で評価されます。
例えば、申込み時には年齢が満20歳以上で、申込み時点で定期的で安定した収入があることです。
また、完済時の年齢が決まっていることも多く、これも金融機関によって違いますが、80歳までとなっていることが多いです。

 

更に、審査の基準では、勤務先会社の規模や業種なども、安定した職業であるかが重要なポイントとなります。
勤務先が、不安定で危険だとやはり審査には通りにくいです。

 

雇用の形態は給与だけで生活しているかや、歩合給制かを審査し、勤務していても源泉徴収票がない場合では自営業と判断されます。

 

勤続年数は、原則3年以上となっていて、同じ職種での転職だと審査では厳しくはなりますが、通る可能性はあります。
逆に、自己都合での退社があると審査に通りにくいので、申し込む前には止めておいた方がよいです。

 

年収や返済能力なども審査の対象となります。
年収は、原則200万円以上で、年収によって返済可能負担率も変わってくるので、大きな金額を借りる場合は、やはり年収が多い方が借りやすいです。

 

また、資産状況も同じように審査で判断されます。
頭金や諸費用にするための自己資金が、申し込んだときにどの程度あるかも確認されます。
更に、他のクレジットや消費者金融などのキャッシングやカードローン、自動車のローンなども、個人信用調査機関で確かめます。

 

社会保険の加入状況は、退職後の返済能力を判断します。
基本的に、社会保険または、国民保険へ加入していることが重用で、これも滞納がないことが条件です。
これは、退職後もローンの返済があることを前提に融資の審査をします。

 

忘れがちですが、健康状態も審査対象です。
団体保険生命保険への加入が可能かが、融資を受ける要件になるので、健康に不安がある場合は、申し込む前に検査などを受けて治しておいた方がよいでしょう。

 

審査の基本的な基準を満たしておくことで、申し込んだ時にも慌てず通り易くなるので先に押さえておくと安心です。

 

 

スポンサードリンク